アフターピル経験者の私が教える避妊薬のあれこれ

メニュー

避妊薬のススメ

避妊の話題といったら、まず、考え出すことが避妊薬だと思います。
主に避妊のことに使用されている女性ホルモン剤というものは日本で何々ピルと呼ばれています。日本では常に避妊の薬として有名なのはノルレボです。
ここに詳しく述べりませんが、ノルレボのサンプルとして開発されていたアイピルまたはアフターピルを言わせていただきたいと思います。
避妊薬を選ぶ前に、避妊がどんなものかをわからないなら、非常に危険です。どうやって避妊できる原理を知っていたうえで、どんな薬を選択して、女性の体に副作用が少ないとかあるいは効果が著しいとかが明らかになります。
薬で避妊をすることによる作用は未だに明らかにしていないが、主に排卵を抑制するのを通して、子宮頚管粘液を変更して膣内に射精された精子が子宮へと進むのを阻止します。
子宮と輸卵管のアクティブ仕方を変わって、受精卵の運送を阻みます。精子と卵子の結合を妨害して、受精することを不可能になる目的を達成することができます。
避妊薬が長い間の研究や改善を経ってから、副作用の影響がもう少なくなってしまいます。つまり、軽くなりました。
アイピルは現在のネットで販売されている結構人気な商品です。性交渉することの後に緊急的に使っているものです。
アフターピルは通販で購入することは可能ではありますが、海外から取り寄せる為、届くまでに二週間程かかります。よって避妊に失敗し、すぐにでも欲しいからと言って通販をしてもすぐ届くわけではないのでもし必要であれば余裕を持って購入することが大切です。
もう一つ有名なのはモーニングアフターピルという事後避妊あるいは緊急避妊の薬といわれましたが、普段1錠飲んでから、12時間後にもう一度飲むことが必要だといわれました。
アフターピルは72時間以降でも避妊確率は下がってしまいましたけれども、65%くらいは避妊効果があるそうです。アイピルは緊急避妊専用薬として、普通1錠を飲んだ後で24時間以内もう一度服用する必要がないといろいろ実験で証明されてました。
そして、緊急避妊で72時間以内に最初のものを飲むことによって、避妊確率が90%だといわれています。副作用も非常に軽くなって、感じなかったといわれるお客様がかなりいます。しかし、どんな薬でも、人の体質によって効果が違うといわれます。
ですから、避妊の薬をする時、慎重に考えてください。

アフターピルの通販を希望の方はこちら